バストは一度しぼんでしまったら元には戻らないから注意せよ!

バストに限ったことではありませんが、人間のパーツというのは
どれも「ピーク」を迎えた後には、物理的に「垂れる」という現象が発生することになります。

まさに「重力」に引っ張られる結果と言えますが
こと女性にとって、バストが重力に負けている状態というのは
美しいバストの要素である、「ハリ」や「いいカタチ」を失っている
できるだけ避けたい状態であることに違いありません。

そして、ハリを失って皮膚が垂れた状態のバストというのは
バストが<しぼんでしまった>結果でもあると言えます。

しぼむのは当たり前の結果でもある

バストがしぼみ、垂れてしまう原因としては

  • 肌中の水分の減少
  • バストを支える・カタチを保つ筋肉の減少

といったものであり、これは「顔のたるみ」と同じことと言えます。

それに加えて、「出産」「授乳」というイベントを経た後
経験した女性というのは、このバストのたるみが顕著に現れます。

その理由としては、「一度膨らんでいる」ということの影響が大きく
「中身だけなくなってしまった」ことで、強制的に引き起こされていた
膨らみを支えるものが、なくなってしまったことによるものです。

膨らんだ後に、中身がなくなることでしぼむのは
まさに「風船」と同じ現象であると言えます。

皮膚自体も、一時的に引き伸ばされていたものが
それを引っ張っていたものがなくなってしまったことで
「緊張感」がなくなり、その後は一気に垂れていくものになります。

これらは経験として、また常識として認識されているものであり
バストがしぼんでしまう原因というのは、基本的には「加齢」であり
更に「出産」といった、イベントによって加速することになります。

100%元通りにはならない

しぼんだバストを元に戻すためには
一度膨らんだことで、根本的に皮膚が伸びてしまった状態の
バストを元通りにするのは、非常に難しいことが現実です。

そして、基本的に「100%」元通りにはいきません。

「老化」そのものであり、仕方がないことと言えますが
それでも今の状態よりも改善していく、これ以上しぼまないようにすることは可能です。

特にバストアップサプリによる、乳房・乳腺の活性化は
より「しぼみ」にアプローチできるはずです。

本来であれば、垂れる(しぼむ)前に行うことが望ましいのですが
垂れてしまった後でも、その状態を進行させない有効な手段と言えます。

正に「バストアップの総合アプローチ」と呼べる、可能な限りの努力をするしかありません。

バストアップの手法は、バストの形を美しく保つたのめの
全てのアプローチに通じるものであり、できるだけ幅広い方法を取り入れ
その1つ1つを、丁寧に進めることが必要と言えます。

運動をしないで痩せることはできるのか?

誰であっても、苦しいことはいやなものです。

たとえ「ダイエット」という目的があったとしても
痩せたいのはやまやまだけど・・・運動は嫌い!という方は珍しくありません。

人間というのは、わがままなものです。

しかし、何もせずに痩せること・現実を変えることはできません。

動きたくないのであれば、頭を使って考えまてみましょう。

ダイエットを進める際の大原則として、

  • 食事制限による「摂取カロリー」の抑制
  • 運動による「消費カロリー」の増大

という2大要素があり、常識的なものでもあります。

ただし、いずれも我慢・苦痛を伴うものであり
できることなら、やらずに済ませたいものです。

しかしながら、そういった「都合のいい」ようにはいかず、

しかし、それでも嫌!という方は減らず
「いかに楽をして痩せるか」ということは、ダイエッターにとって永遠のテーマです。

運動以外で効率を高めるしかない

「つらいのは嫌だ」ということは「負担を少なくしたい」ということであり

効果を最大限に出すこと、効率的にアプローチすることが重要です。

「筋トレ」もつらいといえば、間違いなくつらいものです・・・

しかしながら、結局は「代謝を上げる」ことが
最も効率的な減量につながることも、間違いないものなのです。

もし、食事制限に耐えられるのであれば
究極の制限である「断食」から「置き換えダイエット」へとつながる
摂取カロリーの制限を、徹底的に行うことが必要です。

「運動したくない」のであれば、やはり「違う我慢」が必要になります。

また最も現実的で健康的、且つ効果の高いものになります。

ただ、食事制限は、人によっては運動よりもつらい場合も・・・

また「食事制限だけ」で痩せることは、リバウンドのリスクが非常に高いものです。

脂肪が分解しやすい体に変えるために必要なこと

また、置き換えアイテムといった「満腹感」ではなく
「燃焼効率」を、向上させることも1つの方法です。

そういった場合には、いわゆる「燃焼系サプリ」といった
脂肪の分解効率を高めるアイテムが現在の主流であり
健康的なコンセプトから、利用者が非常に多いものと言えます。

これらのアイテムには

  • 生姜
  • 唐辛子

といった、一般的に食事で摂取することができる栄養素だけでなく
希少価値の高い燃焼成分も含まれており、お金を出す価値はあるはずです。

これはこれで、運動、空腹ではなく「お金」という痛みもありますが・・・

最も「肉体的な」苦痛が少ないことは確かです。

「楽しむ」という感覚を持つことも重要
「苦痛」を乗り越えるためには「楽しむ」ことが必要です。

「ダイエットの過程を楽しむ」

なかなか難しそうです・・・

また、「レコードダイエット」のような
少しでも自分の変化・結果を、記録するといった工夫や
「あの服を着たい!」といった、目的も必要になります。

ダイエットに最も必要なものは、「希望」なのかもしれません。

結婚しない女性が増えたのはなぜなのか?それとも本当はしたいのか?

中年女性の恋愛というと、どうしても「結婚」を意識してしまうことが多いと思います。

2010年代後半現在では、

35歳~45歳の女性の中で、結婚経験がある人の割合は
おおよそ「75%~80%」となっています。

これを知って「意外と少ないのね」と安心してしまうかもしれませんが
40歳まで未婚だった女性が、生涯結婚できる確率は1%と言われています。

つまり、40歳以上で独身の女性は99%の人が独身のまま生涯を終えることになります。

「いずれしたい」と「どうでもいい」

以上のデータを知った方の反応は2つだと思います。

  • 早く結婚しなければと焦る
  • 一生独身のままでいいや

人によっては

  • どうにかなるだろう
  • なるようにしかならない

と、余裕のある反応もありそうですが、どちらかと言うと
漠然とした不安を覚える人のほうが多いのではないしょうか?

このサイトでは「33歳~55歳の人」を中年としていますが
33歳と55歳でも恋愛・結婚に関するスタンスは全く違うはずです。

子供や親の介護等、将来設計の考え方でも差はあると思います。

また、現在お付き合いをしている人がいるのか・いないのかでも

焦り・不安、余裕・楽観視など、様々な感情が生じます。

そして最近では、結婚という考え方にくくられること無く
事実婚といった、新しい男女関係の形をエンジョイしている人も増えているようです。

年をとったからこそ楽しめる場合も

現在の中年女性の恋愛事情に限っては、結婚に興味が無い人と
焦っている人が極端な傾向にあるように見えますが、
日本人全体の年齢層が上がるにつれて、恋愛を楽しむ年齢も上がってきているようです。

「若いカップルでは、行けないようなお店」に行ったり
様々な人生経験から視野も広くなり、楽しむための金銭的な
余裕があることも、中年のメリットになります。

40代まで楽しんで、50歳以上で結婚を望んでいる人も珍しくなく
今までとは全く違う価値観の人生を歩んでいる人が増えているのも特徴的です。

問題はないけど「本当の気持ち」を受け入れることも必要

独身中年女性の「結婚観」に関して、現代では「結婚願望」
「ある層」と「ない層」で、二極化が進んでいるように見られます。

結婚願望がない層からは

それはそれでいいのではないか

という意見が聞こえてきそうですが、実際に問題ないはずです。

経済的に自立できていて、男性に頼らずとも生きていけるということは
素晴らしいことですし、結婚が女の幸せ」と考えるような時代ではありません。

しかし、各層の中でも

  • 絶対にしたくない
  • 別にしてもいい・したくない訳じゃない

という、更に二極に分けることができることも事実です。

これだけ婚活と言われている、カップリングイベントが流行っているにも関わらず
結婚したくてもできない層というのは、自分自身や環境に何か問題があります。

「いや、そんなことはない」と思っている方もいると思いますが・・・

その問題を受け入れることが問題解決の第一歩です。

自分の問題に気づいてからがスタート

その「問題」とは一体何なのか、厳しくチェックしてみましょう。

  • 自分の容姿
  • 自分の性格
  • 理想を追い求めすぎている
  • 何も行動を起こしていない

胸に刺さることがあったかもしれませんが、しっかり受け入れることが必要です。

結婚したい女性と同じように、結婚したい男性はたくさんいます。

お互い求め合っているにも関わらず、なぜ出会えないのでしょうか?

すぐに相手が見つかる人もいるのに
婚活なんてしなくても結婚できる人もいるというのに

なぜ自分は見つけること・見つけられることができないのでしょうか?

本来は、女性のほうが圧倒的に有利なはずなのです。