投稿者「ayaka」のアーカイブ

妊娠によって乱れた女性ホルモンを元に戻す方法

妊娠後の体の変化は、見た目・物理的なものだけではありません。

女性の体、肉体面でだけでなく、精神面でも
「女性ホルモン」の働き・状態に、非常に大きな影響を受けていますが

このホルモンの状態も、産後は非常に不安定な状態です。

妊娠~妊娠中~出産の一連の時期は、ホルモンの分泌・影響が
より不安定になるために、特に注意が必要ですが
特に産後は、一度乱れたホルモンの「巻き返し」が起きる時期です。

これが産後直後に起きるトラブルの、根本的な原因であり
このことからも、ホルモン環境を改善・回復していくことが
いかに大切なのか、ということが分かります。

ホルモンが左右する心身の状態

女性の体は、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と
「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の、2つの女性ホルモンが
交互に入れ替わるようにして、体調や感情を調節しています。

これは、「生理周期」に大きく関わるものであり
女性であれば、ほとんどの方がご存知だと思います。

妊娠することによって、胎盤・胎児が大きく成長してくると
それに伴い、以上の2つの女性ホルモンの分泌も増えてきます。

広くその名を知られている、「エストロゲン」は代表的な女性ホルモンであり
妊娠することによって、それに「プロゲステロン」が加わり、子宮や乳房が発達します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加は、子宮内の環境を整え流産を防ぐ働きがあります。

その反面、感情の起伏が激しくなったりと
精神面のバランスがくずれてしまうようになります。

またあらゆるものを体に溜め込む傾向になるため、「シミ」や「便秘」の原因にもなるものです。

ゆっくりと改善していくことが大切

妊娠~出産までに、上記に2つのホルモンが
同時に増加していきますが、出産を境に「一気に」減少します。

その結果として、メンタル面でのトラブルが増えることになります。

ある意味で、産後の内面的な悩みに関しては「全てホルモンのせい」とも言えなくもありません。

特にエストロゲンの減少により、自律神経も乱れ
心を落ち着かせる神経物質である「セロトニン」の分泌が減少し
「イライラ」や「抑うつ」といった、気分障害を招きます。

「産後鬱」や、「産後クライシス」と呼ばれるものは
産後のストレスが原因といわれることもありますが
その根底には、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっているのです。

お母さんと赤ちゃんのために分泌される女性ホルモンは
妊娠~出産という、大きなイベントにとって
なくてはならないものですが、その負の反動は避けられません。

出産に関わるホルモンの乱れが妊娠前にまで戻るには、およそ1年程度かかると言われており
最も子育てに忙しい中での対応となることも、難しい問題です。

結婚式を挙げるカップルの年齢層と内容の傾向

昨今の結婚式の特徴として、あらゆることが両極端になってきており
それは結婚式に向けた「モチベーション」といったものや
「結婚費用」といったことまで様々です。

そして、その両極端になってきた要素の中には
もちろん「年齢」という「結婚」に対して、大きな影響を与えるものも含まれています。

基本的な年齢層は上がっている

「晩婚化」が進んでいることは、世間一般ではすでに常識となっていますが
その結果として、自然と結婚式を挙げるカップルも
高齢化が進んでおり、その状態も以前から
すでに「当たり前」のこととして受け入れられています。

またそもそも「高齢カップル」の定義が、非常に難しくなっています。

以前であれば、どちらかが30代後半というと
少し「年がいっている」印象を受けました。

また、新郎が新婦よりも「かなり」年上で

「新郎40歳・新婦25歳」

というパターンは、稀にあったものの
その逆のパターンは、ほとんどなかったはずです。

しかし、現在では「新郎新婦共に30代後半」という
カップルも珍しくなく、逆に二人とも20代半ばだと
「若いな」という印象を受けてしまうようになりました。

また「超姉さん女房」も珍しくありません。

「もうかなりいい年だし・・・」と考えて

結婚式を迷っているカップルの方は
「何も恥ずかしいことはない」ということを分かって欲しいと思います。

2人とも20代のカップルよりも
30代のカップルの方が、明らかに多いです。

結婚式の関係者も、ゲストも、世間一般と同じく
「結婚式を挙げる若い人は少ない」という感覚になりつつあります。

意外と地味ではない「中年カップル」の結婚式

年齢層が高いカップル・ゲストの式・披露宴は
「地味なんだろうな」というイメージの方も多く
確かに、以前は「つつましく」あくまで「お食事会」という
スタイルがほとんどでしたが、現在は全く違います。

かなりはっちゃけているカップルも多いです。

いい傾向です。

というのも、結婚式も「個人主義」的な風潮が進んでいるため

「やりたいことを、やりたい仲間と、一緒にやっちゃう」

ということに抵抗がなくなってきています。

このサイトでは、何度も繰り返していることですが
結婚式の「決まり・ルール」は、もうありません。

昔の結婚式のイメージを引きずっているカップルも
いるかもしれませんが、年配の方が見たら驚くような変化もたくさん起きています。

「年齢なんて関係ない!」という前提のもと
自分達のやりたいことを、やりたいようにやっても
「誰の顰蹙も買わない」時代になっています。

>>「ピーチラック<乙字湯>」の効果と口コミ

自宅で使用ためのおすすめ専用「美顔器」

できることなら「エステサロン」に通いたい
たとえ若い女性であっても、誰もが持っている願望だと思います。

お肌の曲がり角を過ぎてしまった女性であれば、なおさらのことです。

しかしながら、そう思っている女性の大半が
「お値段」を理由に、諦めているのではないでしょうか?

「結婚式」といった特別な機会を理由に、一定期間通うことはあっても
普段の生活の中で、ある日決心して通い始めるのは、なかなか難しいものです。

しかしながら、「自宅で同じようにできる」というような
より手軽なコンセプトであれば、日常から足を踏み出しやすくなるのではないでしょうか?

常に進化し続ける「自宅用」

いわゆる「美顔器」といった、「クリーム」等とは違った
「自宅でエステサロンのように!」というゃっちコピーのついた
<物理的>なアイテムは、以前から存在していました。

しかしながら、「そうは言っても、そこまでは」というものも多く
それほど安くない値段を考慮すれば、コストパフォーマンスは
<微妙である>ことが多かったことも事実です。

しかしながら、そういったユーザーの不満等をもとに
美顔器をはじめとした「ちょっと特殊な器具」は
日々進化しており、現代で、非常に高品質なものが増えています。

今回はそういった中でも、特におすすめの「特別な器具」を紹介していきます。

<人気がある>ということは、やはり「満足感」が高いものであり
<現代の>といっても、ある程度のロングセラーアイテムとも言えます。

<エステサロンで使用されている美顔器を小型化>という
コンセプトにぴったりであり、迷ったらまず選んで欲しいアイテムと言えます。

ReFa(リファ)

「フェイス」だけではなく「ボディ」にも使える
よりトータルで「自宅でエステ」を味わうことができるアイテムです。

「部位別」まあた「目的別」のラインナップが多く
また比較的<リーズナブル>に始めることができるアイテムになります。

モデル・セレブの間でも、利用者が多く
その一方で、それぞれのアイテムが値段を抑えたものとなっています。

どれがいいか迷ってしまうほどに、豊富なラインナップの中でも
美容液とセットとなったものが提案されているため
特に気になる部分から、迷わず試し始めることができます。

早く買うほどお得!

以上のアイテムの特徴として、<一度買ってしまえば>器具はそのまま
「専用の美容液」を購入するだけで<ずっと使える>ことが挙げられます。

本物のエステが「半年」「1年」で、施術が終わってしまうことを考えれば
長く続ければ続けるほどに、コストパフォーマンスは高くなります。

またエステを代表とした施術はもちろん、スキンケアというものは
「一度ケアしただけで、その効果がずっと続くものではない」ものです。

一定期間エステに通ったから大丈夫、とはならないのです。

一方で、自宅で・いつでも使える器具を持っていることで
その効果が現れるまでに<本物よりは>少し時間がかかるとしても
常にケアできるメリットは、非常に大きなものと言えます。