投稿者「ayaka」のアーカイブ

子供にはいつから箸を使わせるのが適切なの?

「2歳」とい年齢は、まだスプーン・フォークも十分に使えない子もいる一方
それなりに「お箸」を使うことができる子も現れたりと
非常に個人差が現れ始める時期であり、親も焦ってしまうこともあると思います。

しかし「2歳でお箸は早すぎる」という意見もあり
3歳までに、そこそこ使えるようになれば十分です。

ただし「まだママが食べさせている」というのはよくなく
「自分で食べる」という習慣は必要な時期です。

焦らせてはいけない

大人になってからも、お箸が使えないことは確かに問題ですが
2~3歳くらいで焦るには早く、ゆっくりその子のペースで
「食事」ができるようになることを心がけましょう。

一般的には、スプーンやフォークをある程度使えるように
なってきたら「練習用お箸」を使い始めます。

ここで注意しなければならないことは、「嫌がったら、一度止める」ということです。

「食事の邪魔」をされることは、大人でも嫌なはずです。

「気分次第」なこともありますが

「ちょっとずつ、ママと同じの使ってみようか」

と「乗せて」いきましょう。

そもそも、最初はできなくて当たり前であり
お行儀をしつけることよりも、「食事の楽しみ」を優先させてあげましょう。

「利き腕の矯正」と同じく、まだぎこちない時期に
「やりたいようにやらせる」ことを禁じてしまうと
「情緒」的にも、よくないという考えがあります。

「最初は汚くて結構」です。

子供がお行儀良く食べられないことに「恥ずかしい」と感じ
「しつけがなってない」と思われたくないことから
最初から厳しくしつけようというママもいますが
「あまり早い時期」のしつけは、逆効果を生むと考えましょう。

その中でも、注意しなければならないことは

  • 遊び食べ
  • 食事中に別のことをする
  • 人のおかずを取る

といったことくらいなものです。

「手で食べる」といったことは、それほど気にせず

あまりにもひどい場合には注意しましょう。

「三角食べ」といったことは、まだまだ教えるのは先に回して大丈夫です。

何よりも食事を楽しませること

食事といった、何気ない日常のシーンですが
ここでも大切なことは「褒めながら」進めることです。

食事を「嫌な時間」にしてはなりません。

新しいことができるようになることは。基本的に人間にとって嬉しいことです。

それが、周りの賞賛を得ることができれば、尚良しです。

大切なことは、「食事」というものは「喜び」であり
ママ・パパと同じように食べることも、「嬉しいこと」と思えるような習慣にしていくことです。

美しい花嫁姿を作るためにすべきこと

「結婚式」とは、一体なんだろう?と考えた際には、

「新たなスタート」

「けじめ」

「今までお世話になった方への感謝の気持ちを表す舞台」

といった、歯切れのいい言葉が思い浮かび
また使われることも多いものになりますが
やはり、人生にそう何度もない「<自分だけ>を見てもらう」チャンスでもあります。

最近では、花嫁である「新婦」だけでなく
「新郎」に関しても、張り切っている方も多く見られますが
いつの時代も「結婚式の主役」は、やはり花嫁です。

自分の見た目に不安のある女性は多い

しかしながら、女性の夢であり「最高の舞台」でもある結婚式に対して
不安な気持ちを持っている女性も多いようです。

そして、その「課題」のほとんどが「花嫁姿」であり
要は「自信がない」ということになります。

私は男性故に、基本的には新郎様側から相談を受けることが多く
新婦様から「深い相談」をされることは稀でした。

しかし一方で女性プランナーとなると、花嫁から

「どう思いますか・・・?」

「似合いますか・・・?」

「<お肉が>はみ出てないですか?」

という相談をされることは、定番なようです。

もちろん、決して「厳しいのでは・・・」とは言えないとのこと。。。

ドレスを美しく着こなすために必要な要素

ウェディングドレスに限ったことではありませんが

  • お肉の「だぶつき・たるみ」を減らす
  • 「露出する部分」の肌を綺麗にする

これらの「見た目」の要素に

最もこだわるのも結婚式であり
「今キレイにならないで、いつなるの?」ということは理解できます。

しかしながら、、、

今までやってこなかった(厳しく言ってしまえば)ことを
結婚式までの短い期間で達成することは、そう簡単なことではありません。

ここでは「ダイエット」「スキンケア」に特化した
2つの「花嫁準備サイト」を紹介しておきます。

少しでも「理想の姿」に近づく手助けになればと思います。

とにかく早めに始めること

また、お金がかかってしまうものであり
全ての花嫁が通うものではありませんが「これを機会(言い訳)に」
ブライダルエステ・脱毛を行う女性も多いです。

ただ、1つ注意点として
これらは「すぐに完成」するものではなく
何度か通う必要のある施術内容になります。

「間に合わなかった」となる可能性もあります。

焦って頻繁に通うことによる、様々な弊害もあり
なるべく早く、納得出来るレベルに到達出来るように

早めの決断をおススメします。

花嫁に好評のエステサロン

やはり安全・安全な「専門大手」がおススメです。

「失敗」が、最も怖いことです。

「脱毛サロン」も、事情は同じです。

「体調」には十分に注意する

こういった「美容面」に関して気合を入れることも大切であり
結婚式のモチベーションにつながることに違いありませんが
やはり、当日までの準備で最も大切なことは「健康」です。

ただでさえ「緊張」によって、体調を崩される新婦様は
珍しいことではなく、更に「減量」という
体への負担の影響が残っていることで
ベストな状態で、当日を迎えることが出来ません。

体調が悪くては、結婚式を楽しめず
楽しめないのであれば、挙げる意味はありません。

これだけは、絶対に忘れないようにしましょう。

「自分のため」だけではない

「綺麗になった自分を見て!」ということも
「結婚式の喜び」には違いありませんが
ゲストの方たちは「わざわざ」お祝いに来てくれています。

「私の綺麗な姿はチラ見せ」くらいの気持ちで
「謙虚な姿勢」を忘れないようにしましょう。

何より、本当は恥ずかしがり屋で
「本当は結婚式をしたくない・・・」と思っている男性も多く
強力してくれる「生涯のパートナー」のことも忘れてはいけません。

そしてそのパートナーこそが綺麗になることを
一番喜んでくれることもまた、確かなことです。

お後は、よろしいようにしましょう。

ものごころがつく年齢

いろいろな種類のある「体にいいお茶」の選び方

非常に身近な存在である、「お茶」という飲料は
年をとるにつれて、ありがたみが大きくなる存在でもあります。

今までは、「選択肢の1つ」に過ぎなかったものも
味覚の変化等によって、より「求めがち」な飲料になり
更には、「体にいい」という付加価値が加わることで
より体に摂取することが増える、特殊な存在でもあります。

漠然と「体にいいお茶」として認識されているものは
現代では、非常に幅広すぎる種類が存在します。

時にはブームになる等し、そもそも「青汁」に関しても
ほとんどが「大麦若葉」を利用しており、抹茶粉末を含むものも多いため
ある意味で、「麦茶」や「緑茶」と共通する点も多いと言えます。

とにかく、種類が多いと言えるものですが
一体「何が」よくて、そもそも「なぜ」お茶なのか

少しだけ突っ込んで考えることで、より有効な飲み方ができるはずです。

「何らかのメリットになるお茶」が急増している

一説によると、日本人の平均寿命が長い理由として
「緑茶」を幼い頃から飲む習慣があるから、という考えがあります。

<お茶>という存在は、この緑茶をはじめとして

  • 麦茶
  • ぼん茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶

といった様々なものが存在し、それぞれ「茶葉」が共通しているもの
別の植物(葉)が使われているもの、更に混ざっているものと
原材料の時点で、やや違いがあるものも多いです。

しかしながら、いわゆる「日本のお年寄り」というと
「縁側に座って温かい緑茶」を飲んでいるイメージがあり、
またある程度は事実であるため、<緑茶>というのはポイントのように考えられます。

もちろん、「緑茶を飲めば寿命が延びる」とは断言できないものですが
少なくとも、全く関係ない、とは言えないはずです。

また緑茶には、「緑茶カテキン(ポリフェノール)」という
抗酸化成分が含まれる点も、アンチエイジングに一役買っていそうです。

更には、

  • 高い血圧に効果的
  • 高い血糖血糖値に効果的
  • 血中コレステロールに効果的

といった、「体に悪い状態に効く」として
昔から利用されてきた、「漢方」に近い一面もあります。

ただし、ある程度は「体にいい」と言えるまでも
(血圧・中性脂肪を下げる等の効果を見込める成分が含まれることは事実)
あくまで「漠然とした効果」と言えるものが多かったことも言えます。

しかしながら、最近では少しずつ「特定の効果」を
求めやすい環境・時代になっていると言えます。

今までになかった画期的な成分を配合したお茶も

最近では、「トクホ(特定機能性食品)」や「機能性表示食品」といった
飲料(食品)を、コンビニやドラッグストア等で見かけることが増えました。

こういった表示にあるアイテムというのは、特定の効果を目的に
それを実現する力を持った成分を配合している、というものになります。

例:

血糖値の急な上昇を抑える「難消化性デキストリン」

中性脂肪の吸収を抑える「ウーロン茶重合ポリフェノール」

これらの最大の特徴は、「後付け」であることです。

「お茶じゃなくてもいい」のです。

しかしながら、それでもなぜお茶なのか?と言えば

  • 身近な・抵抗がない飲料
  • カロリーがない(極めて少ない)
  • 一緒に摂取すればより効果がありそうなイメージ

主な理由として、以上が挙げられるかと思います。

一方で、昔から飲まれている「体にいいと言われるお茶」というのは、
そのお茶・含まれる成分そのものに、効果があるとされます。(あくまで民間療法)

その力というのは、「トクホ」や「機能性表示食品」に劣るかもしれませんが
非常に「ナチュラル」であり、そもそもがそういったものを飲んできたことで
長く健康に生きている方が多いことが、何よりの証とも考えられます。