妊娠によって乱れた女性ホルモンを元に戻す方法

妊娠後の体の変化は、見た目・物理的なものだけではありません。

女性の体、肉体面でだけでなく、精神面でも
「女性ホルモン」の働き・状態に、非常に大きな影響を受けていますが

このホルモンの状態も、産後は非常に不安定な状態です。

妊娠~妊娠中~出産の一連の時期は、ホルモンの分泌・影響が
より不安定になるために、特に注意が必要ですが
特に産後は、一度乱れたホルモンの「巻き返し」が起きる時期です。

これが産後直後に起きるトラブルの、根本的な原因であり
このことからも、ホルモン環境を改善・回復していくことが
いかに大切なのか、ということが分かります。

ホルモンが左右する心身の状態

女性の体は、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と
「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の、2つの女性ホルモンが
交互に入れ替わるようにして、体調や感情を調節しています。

これは、「生理周期」に大きく関わるものであり
女性であれば、ほとんどの方がご存知だと思います。

妊娠することによって、胎盤・胎児が大きく成長してくると
それに伴い、以上の2つの女性ホルモンの分泌も増えてきます。

広くその名を知られている、「エストロゲン」は代表的な女性ホルモンであり
妊娠することによって、それに「プロゲステロン」が加わり、子宮や乳房が発達します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加は、子宮内の環境を整え流産を防ぐ働きがあります。

その反面、感情の起伏が激しくなったりと
精神面のバランスがくずれてしまうようになります。

またあらゆるものを体に溜め込む傾向になるため、「シミ」や「便秘」の原因にもなるものです。

ゆっくりと改善していくことが大切

妊娠~出産までに、上記に2つのホルモンが
同時に増加していきますが、出産を境に「一気に」減少します。

その結果として、メンタル面でのトラブルが増えることになります。

ある意味で、産後の内面的な悩みに関しては「全てホルモンのせい」とも言えなくもありません。

特にエストロゲンの減少により、自律神経も乱れ
心を落ち着かせる神経物質である「セロトニン」の分泌が減少し
「イライラ」や「抑うつ」といった、気分障害を招きます。

「産後鬱」や、「産後クライシス」と呼ばれるものは
産後のストレスが原因といわれることもありますが
その根底には、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっているのです。

お母さんと赤ちゃんのために分泌される女性ホルモンは
妊娠~出産という、大きなイベントにとって
なくてはならないものですが、その負の反動は避けられません。

出産に関わるホルモンの乱れが妊娠前にまで戻るには、およそ1年程度かかると言われており
最も子育てに忙しい中での対応となることも、難しい問題です。