結婚式を挙げるカップルの年齢層と内容の傾向

昨今の結婚式の特徴として、あらゆることが両極端になってきており
それは結婚式に向けた「モチベーション」といったものや
「結婚費用」といったことまで様々です。

そして、その両極端になってきた要素の中には
もちろん「年齢」という「結婚」に対して、大きな影響を与えるものも含まれています。

基本的な年齢層は上がっている

「晩婚化」が進んでいることは、世間一般ではすでに常識となっていますが
その結果として、自然と結婚式を挙げるカップルも
高齢化が進んでおり、その状態も以前から
すでに「当たり前」のこととして受け入れられています。

またそもそも「高齢カップル」の定義が、非常に難しくなっています。

以前であれば、どちらかが30代後半というと
少し「年がいっている」印象を受けました。

また、新郎が新婦よりも「かなり」年上で

「新郎40歳・新婦25歳」

というパターンは、稀にあったものの
その逆のパターンは、ほとんどなかったはずです。

しかし、現在では「新郎新婦共に30代後半」という
カップルも珍しくなく、逆に二人とも20代半ばだと
「若いな」という印象を受けてしまうようになりました。

また「超姉さん女房」も珍しくありません。

「もうかなりいい年だし・・・」と考えて

結婚式を迷っているカップルの方は
「何も恥ずかしいことはない」ということを分かって欲しいと思います。

2人とも20代のカップルよりも
30代のカップルの方が、明らかに多いです。

結婚式の関係者も、ゲストも、世間一般と同じく
「結婚式を挙げる若い人は少ない」という感覚になりつつあります。

意外と地味ではない「中年カップル」の結婚式

年齢層が高いカップル・ゲストの式・披露宴は
「地味なんだろうな」というイメージの方も多く
確かに、以前は「つつましく」あくまで「お食事会」という
スタイルがほとんどでしたが、現在は全く違います。

かなりはっちゃけているカップルも多いです。

いい傾向です。

というのも、結婚式も「個人主義」的な風潮が進んでいるため

「やりたいことを、やりたい仲間と、一緒にやっちゃう」

ということに抵抗がなくなってきています。

このサイトでは、何度も繰り返していることですが
結婚式の「決まり・ルール」は、もうありません。

昔の結婚式のイメージを引きずっているカップルも
いるかもしれませんが、年配の方が見たら驚くような変化もたくさん起きています。

「年齢なんて関係ない!」という前提のもと
自分達のやりたいことを、やりたいようにやっても
「誰の顰蹙も買わない」時代になっています。