月別アーカイブ: 2018年12月

女性の健康と生理の状況は同じもの

「月経前症候群」や、「月経困難症」などによるもの以外のトラブル症状として
悩んでいる女性が多いものに、「生理不順」を挙げることができます。

先に挙げた2つの重い生理の症状も、生理不順が原因のひとつであるとも考えられます。

また、逆に生理のサイクルの乱れによって
体がうまく機能しない弊害として不調が起こっていることも多いです。

通常の生理は約1ヶ月(28日)周期で訪れるはずですが

この間隔が24日未満・・・頻発月経

39日以上・・・希発月経であることが、生理不順の基準とされています。

後ろの間隔の方が長いことからも、「少し遅れることはよくあること」と考えられますが

それでもこの間隔に当てはまる場合は生理不順と考えましょう。

なぜ生理周期が乱れてしまうのか?

生理不順の原因としては、

  • 食事内容や疾患による体内環境の乱れ
  • ストレスによる自律神経の乱れ

以上の2つの要素が、結果的に女性ホルモンの乱れを
引き起こしていることによるものと考えられます。

実際に、

  • 急激な・過度なダイエット
  • 徹夜・睡眠不足

これらは生理不順につながる可能性が極めて高く
体へのダメージとして、生理不順が起こることは間違いないようです。

生理は排卵の後に起こることから、
生理不順は排卵障害の影響という可能性も考えることができます。

排卵が起こる前は、「エストロゲン」が最大限に分泌されており
排卵後に「プロゲステロン」の分泌が増加し、妊娠するための体の準備をします。

そして、受精しなかった場合に月経(生理)が訪れます。

女性ホルモンの状態を判断するための「基礎体温」

生理の間隔が乱れているということは、基礎体温も乱れていることが考えられます。

  • 基礎体温の変化が生理の循環を引き起こしている
  • 生理の循環が基礎体温の変化を引き起こしている

そのどちらとも考える事ができますが、
基礎体温と生理サイクルの変化はリンクしています。

そして、この基礎体温の変化をチェックすることによって

自分の体の生理状況が、どの段階で乱れているのか
どの段階の不調が原因なのかを突き止める事が出来る可能性があります。

なかなか高温期にならない場合は、排卵に問題がある可能性があり
それによって、月経までのサイクルが遅れている等も考えられます。

基礎体温をしっかり付けてみて、自分の体の問題点について考えてみましょう。

生理不順の女性は、生理時の経血の量が多い
「過多月経」の症状出やすく、間隔が長い程その傾向があります。

生理不順・過多月経の症状は、子宮筋腫や子宮内膜症などの重大な疾患につながることも多く
妊娠・出産などにも大きな悪影響を与えてしまうため注意が必要です。

しかし生理不順を解消することによって、それらのリスクを回避できるだけでなく
重い生理痛の改善にも、つながる可能性も考えられます。

まずは自分で出来ることからスグに始めましょう。

ただし50~60日以上生理が来ないという方は、必ず医療機関を訪れ医師に相談しましょう。

>>「Hanayume ハナユメ」の特徴・評判・口コミ