運動をしないで痩せることはできるのか?

誰であっても、苦しいことはいやなものです。

たとえ「ダイエット」という目的があったとしても
痩せたいのはやまやまだけど・・・運動は嫌い!という方は珍しくありません。

人間というのは、わがままなものです。

しかし、何もせずに痩せること・現実を変えることはできません。

動きたくないのであれば、頭を使って考えまてみましょう。

ダイエットを進める際の大原則として、

  • 食事制限による「摂取カロリー」の抑制
  • 運動による「消費カロリー」の増大

という2大要素があり、常識的なものでもあります。

ただし、いずれも我慢・苦痛を伴うものであり
できることなら、やらずに済ませたいものです。

しかしながら、そういった「都合のいい」ようにはいかず、

しかし、それでも嫌!という方は減らず
「いかに楽をして痩せるか」ということは、ダイエッターにとって永遠のテーマです。

運動以外で効率を高めるしかない

「つらいのは嫌だ」ということは「負担を少なくしたい」ということであり

効果を最大限に出すこと、効率的にアプローチすることが重要です。

「筋トレ」もつらいといえば、間違いなくつらいものです・・・

しかしながら、結局は「代謝を上げる」ことが
最も効率的な減量につながることも、間違いないものなのです。

もし、食事制限に耐えられるのであれば
究極の制限である「断食」から「置き換えダイエット」へとつながる
摂取カロリーの制限を、徹底的に行うことが必要です。

「運動したくない」のであれば、やはり「違う我慢」が必要になります。

また最も現実的で健康的、且つ効果の高いものになります。

ただ、食事制限は、人によっては運動よりもつらい場合も・・・

また「食事制限だけ」で痩せることは、リバウンドのリスクが非常に高いものです。

脂肪が分解しやすい体に変えるために必要なこと

また、置き換えアイテムといった「満腹感」ではなく
「燃焼効率」を、向上させることも1つの方法です。

そういった場合には、いわゆる「燃焼系サプリ」といった
脂肪の分解効率を高めるアイテムが現在の主流であり
健康的なコンセプトから、利用者が非常に多いものと言えます。

これらのアイテムには

  • 生姜
  • 唐辛子

といった、一般的に食事で摂取することができる栄養素だけでなく
希少価値の高い燃焼成分も含まれており、お金を出す価値はあるはずです。

これはこれで、運動、空腹ではなく「お金」という痛みもありますが・・・

最も「肉体的な」苦痛が少ないことは確かです。

「楽しむ」という感覚を持つことも重要
「苦痛」を乗り越えるためには「楽しむ」ことが必要です。

「ダイエットの過程を楽しむ」

なかなか難しそうです・・・

また、「レコードダイエット」のような
少しでも自分の変化・結果を、記録するといった工夫や
「あの服を着たい!」といった、目的も必要になります。

ダイエットに最も必要なものは、「希望」なのかもしれません。