ダイエット法が流行るための条件とは

一時期、非常に持てはやされていた「バターコーヒーダイエット」が
今ではすっかり話題にも登らなくなりました・・・

「コーヒー」という、比較的身近なものに
「溶かすだけ」という、非常に手軽なコンセプトであり

簡単に始められるもの・・・

ではなかったようです。

今の時代には、「高すぎた」ようです。

この例から、現在において「ブーム」となるような
ダイエットアイテムの「条件」を考えていきます。

バターコーヒーダイエットに利用される
「MTCオイル」は一般的な食用脂に加え、圧倒的に高く
また「専用バター」は、更に高価な価格となっています。

そのため、一部の「意識の高い」「高所得層」にしか受け入れなかったことが現実です。

とは言っても、非常に効果的であるとされるものであり
「科学的な根拠」といった面では、非常に貴重な手段には違いありません。

復活を祈ります。

「継続」できることが何よりの条件となる

短期間で劇的に痩せることは現実的ではなく
ダイエットには「継続」が欠かせないことは
受け入れなければならない事実であり、理解される方も多いと思います。

そして、そもそも継続するためにが「始める」ことが必要であり
尚且つ、そこから「続けやすい」ことも条件になります。

そのため、定期的な支出のできる・許せる価格帯であることが重要です。

その点が、バターコーヒーのデメリットでもありました。

更に「手軽」であることも重要であり、この点に関しては
バターコーヒーは、満たしていましたが
やはり「価格」という第一条件を満たせないことには
「定着」「ブーム」には、辿り着けないと考えられます。

その両方を満たしたものが、

  • 酵素ドリンク
  • スムージー

という2大巨頭になります。

現在では、ダイエットアイテムは「サプリ」ではなく
「ドリンク」が主流となっていることは確かなようです。

これらのアイテムは「1杯100~200円」ということであり
バターコーヒーに比べて「やや安い」という程度ですが
やはり毎日続けるとなると、ばかにならないようです。

また、1日に何回飲むのか?といったことも大きな要素でしょう。

また、継続することを考慮した場合には
やはり「味」に関しても、重要な要素になると思われます。

マズい場合には、価格等とは違う意味で続ける気にならないはずです。

バターコーヒーダイエットに関しては
「美味しくない」とい声が、当初からあったことは事実です。

たとえ、美味しいコーヒーを使ったとしても「台無し」になります。

味覚とは、極めて個人的なものではありますが
最近では「美味しい」という要素に関しても、重要視されているようです。

「本当に美味しいのか?」については個人差があります。

また、現実的には「まずくはない」ということが大事です。

あしからず。