「イイ女」からは「いい匂い」がする

「美人はいい匂いがしそう」
そんなイメージを、男性は持っているそうです。

確かに、美人に臭いイメージはありません。

特に髪の臭いや、首元などのフェロモンが出ている場所からは
いい匂いが湧き出ているイメージがあります。

そう考えると、これらのイメージを逆転させることによって
匂いから連想する・感じる「雰囲気」から
自分を「美人風」に見せることも出来そうな気がします。

「女性は体臭が無い」というイメージがありますが
決してそんなことはなく、臭い人もいるというのが現実です。

そして男性目線でなくとも女性にとって、体臭が臭いことにメリットはありません。

「体臭」とは「汗」と「皮脂」

それらの蓄積が主な原因であり中には「ワキガ」等の
「体質」が原因であることもあります。

また、人種によっても違いがあることは事実ですが
その理由というのも、それぞれ違いがあります。

「白人」や「黒人」は臭いの強い汗を分泌する
「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺が多く、基本的にワキガ体質です。

そして、インドや中東などに住む人たちの
体臭が独特な理由は、カレーを代表とした
スパイスを豊富に使う料理を日常的に食べているためです。

体臭が発生する原因は以上が主であり
これらの逆の習慣を取り入れることによって
体臭を防ぐ・軽減することが出来ます。

ニンニクやスパイス等の匂いが強いものは避ける
皮脂や汗の蓄積を防ぐ常識的な部分ではありますが、意識して生活を送ってみましょう。

効率的に「いい匂い」をまとう方法

そして、ここから本題です。

「いい匂い」をさせるために最も大切な部分とは
結局のところ「髪の毛」になります。

単純な答えですが、髪の毛がいい匂いであれば
「その女性の体臭はいい匂い」となります。

なぜこんな単純な答えなのかというと
男性が感じている女性のいい匂い、いい匂いがする女性の匂いは
「髪の毛」の匂いであることが分かっています。

結局そこな訳ですが、この髪の毛をいい匂いに保つことは
意外と難しいことが分かっています。
この髪の毛の匂いは、基本的にシャンプーの匂いです。

髪を洗って、乾かした直後がいい匂いのピークですが
就寝前に洗っても、次の日の夕方にはすでに匂いが消えているどころか
臭くなっている可能性があります。

アフターファイブが最も危険なのです。

男性の脂ぎった髪が臭いように、女性に関しても
皮脂でコーティングされた髪は臭いものです。

シャンプー効果が消えていく速度や
臭くなる速度は、基本的に皮脂の量に比例します。

体質のによる面が大きいですが
特に「頭皮ニキビ」が出来やすい女性は要注意です。

結論としては、
頭皮の皮脂の分泌を抑える・皮脂をしっかり落とすことが
いい女の「雰囲気」を出す最も効率的な方法になります。