月別アーカイブ: 2018年6月

時代と共に変わり続けるダイエットの方法

毎年毎年(毎月毎月)新しいダイエット法が
メディアで紹介され、ひとつの流行を作っています。

  • ダイエットによい食べ物・飲み物
  • 食べるべき時間・タイミング
  • やってはいけないこと・やるべきこと

ダイエット法のコンセプトは多岐に亘ります。

しかし、去年はいいことだった習慣が
今年は悪いことになっていたり、逆もまたしかりです。

いったい何を信じればよいのやらと、思っている人もたくさんいるはずです。

ダイエット情報は、常に新しいものを信じるましょう。

どれを信用すればいいのか迷ってしまいますが
基本的に、新しい情報を信用するべきかなと思います。

昔は運動中に水分を摂るべきでないとされていましたが
現在では、そんなことを言っている人は皆無です。

日々科学もダイエット力学?も進化しているので
新しい情報を元にダイエット法も、考えられているはずです。

「あくまで基本的に」ですが。

また食べ物や運動の効果も一長一短があり、一概に判断できません。

いいところだけ見ていたり、悪いところだけ見ていたり

実際に聞いたり、見たりしているだけでは分からないことも多いです。

まずは、自分で試してみることが大切です。

短期間だけ試してみて、自分の体にとって効果があるのか?
負担にならないのかを、しっかりと検証しましょう。

自分で正しい知識を得て、自分で判断できるようにしましょう。

「外反母趾」を治して足の形を美しく見せよう

ネイルケア・アートが流行り、一般的になるにつれて
足の爪のオシャレである「ペディキュア」をする女性も増えてきました。

つまり足に注目されるにしたがって、足の形の見栄えも大切になります。

爪を飾るだけではなく、足の形自体を綺麗にすることも大切な要素になります。

外反母趾で悩んでいる人は非常に多く、症状の重い軽いに関わらず
普段ハイヒールを履く女性のほとんどに見られます。

それ自体に痛みがある場合も多く、その場合は常に気にしなければなるため
日常生活に支障をきたす場合もあります。

また、O脚などの足の大部分の形状にも影響を与えることが考えられ
全体的な足のシルエットにも悪影響を及ぼします。

定着してしまった外反母趾を、自力で治すことは非常に困難です。

なんらかの矯正具を試すことをおススメします。

通常のアイテムは日中も、常につけていなければならないものが多く
常に違和感を感じるため、就寝時限定のものが導入しやすいと思います。

矯正具の導入と共に、

  • 足のマッサージ(矯正しやすくなる)
  • サイズの合った靴を見直す
  • 立ち方・歩き方を意識する(痛くても正しい姿勢で)

また、足の筋力の不足や衰えも影響しているため
心当たりがある人は、ある程度鍛えることも解消につながります。

外反母趾は不調の原因にも、あらゆる不調の原因に成ることが分かっています。

特に肩こりや腰痛への影響も大きく
放っておくと、自律神経の乱れにも影響してきます。

「足は第二の脳」と言われるように
本来はとてもデリケートに扱わなければいけないパーツです。

季節の変わり目はお肌の調子に注意すべし

もう冬が完全に終った4月~5月くらいに
意外とお肌のトラブルが多くなります。

乾燥する季節が終わり、
あっという間に梅雨が始まろうという季節にもかかわらず

肌がちくちくしたり、かぶれたりすることはありませんか?

秋から冬にかけて、乾燥し始める時期に
敏感肌・乾燥肌の人は、だんだんと「ちくちく」し始めたり

「あかぎれ」が起こり始めるのは分かりますが

「なんで湿度が上がり始めるのにちくちくするの?」

と不思議に思いませんか?

その症状は湿度や温度は関係な
「季節の変わり目」に起こる体の適応待ちの状態です。

約半年のサイクルで夏・冬の両極端の季節が変わり
長袖が半袖になる(逆も)、汗をかき始めたりすることで

  • 肌への刺激が加わる
  • 箪笥に仕舞っていた衣類のダニや雑菌が残っている

これらは直接接する肌に影響を及ぼします。

また、外部からの影響だけではなく
精神的なものの影響もお肌に出始めます。

ちょうど4月~5月くらいは、新年度・新生活が始まり
まだ慣れるか慣れないか、うまくいっている・いっていないことの
ストレスが出始めるのもこの時期です。

ストレスによって眠れなくなったり
便秘になったりと、それらの影響は
結果的に表面のお肌に出てしまうのです。

体や精神が適応するまでの時間は人それぞれです。

新しい環境に慣れるまでの、ケアを怠らず日々を過ごしましょう。