いろいろな種類のある「体にいいお茶」の選び方

非常に身近な存在である、「お茶」という飲料は
年をとるにつれて、ありがたみが大きくなる存在でもあります。

今までは、「選択肢の1つ」に過ぎなかったものも
味覚の変化等によって、より「求めがち」な飲料になり
更には、「体にいい」という付加価値が加わることで
より体に摂取することが増える、特殊な存在でもあります。

漠然と「体にいいお茶」として認識されているものは
現代では、非常に幅広すぎる種類が存在します。

時にはブームになる等し、そもそも「青汁」に関しても
ほとんどが「大麦若葉」を利用しており、抹茶粉末を含むものも多いため
ある意味で、「麦茶」や「緑茶」と共通する点も多いと言えます。

とにかく、種類が多いと言えるものですが
一体「何が」よくて、そもそも「なぜ」お茶なのか

少しだけ突っ込んで考えることで、より有効な飲み方ができるはずです。

「何らかのメリットになるお茶」が急増している

一説によると、日本人の平均寿命が長い理由として
「緑茶」を幼い頃から飲む習慣があるから、という考えがあります。

<お茶>という存在は、この緑茶をはじめとして

  • 麦茶
  • ぼん茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 紅茶

といった様々なものが存在し、それぞれ「茶葉」が共通しているもの
別の植物(葉)が使われているもの、更に混ざっているものと
原材料の時点で、やや違いがあるものも多いです。

しかしながら、いわゆる「日本のお年寄り」というと
「縁側に座って温かい緑茶」を飲んでいるイメージがあり、
またある程度は事実であるため、<緑茶>というのはポイントのように考えられます。

もちろん、「緑茶を飲めば寿命が延びる」とは断言できないものですが
少なくとも、全く関係ない、とは言えないはずです。

また緑茶には、「緑茶カテキン(ポリフェノール)」という
抗酸化成分が含まれる点も、アンチエイジングに一役買っていそうです。

更には、

  • 高い血圧に効果的
  • 高い血糖血糖値に効果的
  • 血中コレステロールに効果的

といった、「体に悪い状態に効く」として
昔から利用されてきた、「漢方」に近い一面もあります。

ただし、ある程度は「体にいい」と言えるまでも
(血圧・中性脂肪を下げる等の効果を見込める成分が含まれることは事実)
あくまで「漠然とした効果」と言えるものが多かったことも言えます。

しかしながら、最近では少しずつ「特定の効果」を
求めやすい環境・時代になっていると言えます。

今までになかった画期的な成分を配合したお茶も

最近では、「トクホ(特定機能性食品)」や「機能性表示食品」といった
飲料(食品)を、コンビニやドラッグストア等で見かけることが増えました。

こういった表示にあるアイテムというのは、特定の効果を目的に
それを実現する力を持った成分を配合している、というものになります。

例:

血糖値の急な上昇を抑える「難消化性デキストリン」

中性脂肪の吸収を抑える「ウーロン茶重合ポリフェノール」

これらの最大の特徴は、「後付け」であることです。

「お茶じゃなくてもいい」のです。

しかしながら、それでもなぜお茶なのか?と言えば

  • 身近な・抵抗がない飲料
  • カロリーがない(極めて少ない)
  • 一緒に摂取すればより効果がありそうなイメージ

主な理由として、以上が挙げられるかと思います。

一方で、昔から飲まれている「体にいいと言われるお茶」というのは、
そのお茶・含まれる成分そのものに、効果があるとされます。(あくまで民間療法)

その力というのは、「トクホ」や「機能性表示食品」に劣るかもしれませんが
非常に「ナチュラル」であり、そもそもがそういったものを飲んできたことで
長く健康に生きている方が多いことが、何よりの証とも考えられます。

産後のスムーズなダイエットダイエットを成功させるためにおすすめな「マジカルスムージー」

今や「酵素ドリンク」を超えるラインナップ数となった
「スムージー」の中でも、「マジカルスムージー」
発売以来、多くの女性に利用され続けている「定番スムージー」の1つになります。

その理由としては、とにかく配合成分が多いことから「ダイエット」にとどまらず

  • 健康
  • 美容

といった要素にもアプローチできるため、
お母さんにとって・女性にとって、非常に嬉しいアイテムであると言えます。

「マジカルスムージー」をおすすめする理由

非常に多くのお要素を考えて構成されている「マジカルスムージー」ですが
ここではその効果を、簡潔に解説していきたいと思います。

圧倒的に少ないカロリー

ダイエットアイテムにとって、カロリーが少ないことは当たり前のことでもありますが
他のスムージーに比べて特に低く(16.4カロリー)、スポーツドリンク程度です。

”燃やす成分”を配合

本来は「満腹感」が、最も大きな目的になりますが
「マジカルスムージー」には、体脂肪に働きかける
「エキストラバージンココナッツオイル」も配合されています。

幅広い原材料からの豊富な栄養素

そして何より、非常に幅広い原材料から豊富な各種栄養素を配合していることです。

希少な「スーパーフード」を含め、
「大麦若葉」からの高品質な栄養素を摂取することができます。

これらに加えて「コラーゲン」や「プラセンタ」といった、
美容の定番成分も豊富に配合されています。

”続けやすい”ことが最大の魅力

「マジカルスムージー」をおすすめする、最も大きな理由が「お手軽」であることであり
これは「産後女性」という、利用者の傾向を考えた際に非常に画期的です。

と言っても、

それほど特別な「トリック」なのでなく、単純に「最初から小分け」になっていることです。

一般的なスムージーは、基本的にシェイカーを使って「シェイク」しなければならないものが多く
その都度、シェイカーに「適量」を入れてシェイクすることになります。

「マジカルスムージー」に関しては、最初から適量に分けてある「1本」を
水・牛乳に溶かしてかき混ぜるだけで済むため、
赤ちゃんのお世話が忙しいお母さんにぴったりです。

「サッと作って、サッと飲む」ことができることは「地味に便利」な特徴です。

「おいしい」というかけがえのないメリット

ダイエットアイテムは「習慣」にしなければならず、
「続けやすい」ことも非常に大切な要素になります。

そして、そのためには「味覚」といった要素を重視している方も多いはずです。

「マジカルスムージー」はその面もカバーしており、「マンゴー味」となっていることから
非常に飲みやすいという特徴も、多くの女性に「ウケている」理由のようです。

「マンゴー」が苦手でないのであれば、
味覚に関しても最も受け入れやすいアイテムでもあります。

離婚経験者が結婚式を挙げても大丈夫?みんなどうしてるの?

非常に不謹慎な話題になりますが、これから結婚式を挙げるうえで
「結婚」と正反対のイベントである「離婚」についても
考慮しなければならないカップルもいるはずです。

これから「先」の離婚に関して考えるのではありません。

「過去に」自分の身に関係した離婚については
しっかりと、わだかまりの無いように対応しましょう。

新郎・新婦どちらか、もしくは両方に離婚経験がある
いわゆる「バツ1」のカップルは、全く珍しくなく
「全く気にしなくてもいい」と言って間違いありません。

どちらかにとって、2度目・3度目という式
新郎様が「4度目」という式に携わったこともあります。

ただ、ここで正直に書いてしまうと
「新婦側」の離婚経験に関しては
挙式を挙げるのは「基本的にバツ1まで」です。

「新婦様が2度目」はあっても、3度目はまずありません。

一方、新郎側がバツ1バツ2ということは少ない例ではなく
ある意味、式を挙げることで「今回の相手」に対して
「けじめ」をつけている、という新郎様様も多いようです。

基本的に「つつましく」お披露目する

「初めて」ではない結婚式で「1度目よりも盛大に」ということは、あまりおススメしません。

1度目と同じ程度か、もしくはそれ以下の規模にしましょう。

その一番の理由は、ゲストも1度目ではないということです。

本当に親しい友人や、近しい親族にとって
ご祝儀を払うのも2度目・3度目となる可能性もあり
そういった人に対しては「ご祝儀はなくていい」と言ったり

最初から「会費制」として、1万円前後に設定してしまう
ことがほとんどであり、ほとんど「カンパ」と考えましょう。

事実を言うべきか?

「授かり婚」と同じように、披露宴内で言うべきか
悩んでいる人もいるかもしれませんが
自ら進んで「2回目です」と、発表する必要はありません。

授かり婚とは、全く違うことであり
「2回目だ」と言われることに不快感を持つ人が
親族を中心にいる可能性もあります。

周知の事実であることは多いですし
わざわざ、蒸し返す必要はありません。

また、笑いに変えている人も多いですが
それは「キャラ」や、パートナーの寛容さにもよるので
人それぞれ、カップルそれぞれの判断でいいと思います。

両親の離婚はどう伝える?

少し番外編のようですが、全く珍しくない事情でもあります。

両親が離婚している場合(離縁と呼びます)
自分を引き取った側だけを呼ぶ方と
離れてしまった肉親も呼ぶ方では
半分半分くらいの割合ということが現実です。

個人的には、両方呼んであげて欲しいです。

ただし、親戚との兼ね合いを考えて判断してください。

そして、母親と父親は「理由があって別れた」ということを
決して忘れないようにしましょう。

席順に関してはやはり、隣同士に座れるよりも
離れて座らせる方が一般的でしょうか。

2度目3度目の結婚式を挙げる際の注意点

気をつけるべきことは、常識として分かると思います。

念のため。。。

いい大人のはずですが、やはりお酒が入ると
トラブルが起きてしまうことも多いです。

前の相手の話はしない

させない

これに限ります。

わざわざ来ていただくゲストの方に
念を押すのは、おかしいかもしれませんが
パートナーが傷つく可能性があることは避けましょう。

トラブルの原因は、大抵新郎新婦「ではなく」酔っ払ったゲストが原因です。

最後に、このページに書いてあることは
新郎・新婦どちらに関わらず、どちらにも言えることです。